boxtop
boxtop
  • 太陽光発電って?

    太陽光発電って?

    太陽光発電システムとは、屋根の上に設置した太陽電池モジュールを使い、太陽光エネルギーで発電する、環境に配慮したクリーンなエネルギーです。太陽電池モジュールを使って太陽の光から電気エネルギーがつくられ、パワーコンディショナによって直流電力から交流電力へと変換されることで、家庭内のさまざまな電気製品で使用できるようになります。また、昼間に電気を発電し、家庭で使って余った分は、電力会社へ売電できます。夜は発電することができないので、電力会社から買電することになります。モジュールでの発電をはじめ、直流電力から交流電力への変換、電気製品への分電、電力会社との売電・買電にいたるまで、すべてが自動運転で行われますので、難しい操作はいっさいございません。

    このページの先頭へ

  • 太陽光発電の魅力

    太陽光発電の魅力

    光熱費の削減

    ご自宅で発電した電気は、必要に応じて家の灯りや電気製品に使うことができます。発電で余った電気は電力会社に売ることができるので、目に見える経済効果が得られます。またオール電化と組み合わせることで、さらに効率よく節約できます。

    国・自治体の補助金制度

    2011年度現在、自宅に太陽光発電システムを設置すると、国から1kWあたり4.8万円の補助金が支払われます。また、独自に補助金制度を設けている自治体もあり、太陽光発電システムの普及を後押ししています。

    CO2の削減

    太陽光発電システムは、発電するときに石油や石炭といった化石燃料を一切必要としません。そのため一般家庭の消費電力量におけるCO2排出量が、大幅に削減できます。

    このページの先頭へ

  • 補助金って?

    補助金って?

    国や地方自治体の補助金制度が活用できます

    低炭素社会の実現に向けて、太陽光発電システム設置に対して補助金制度による国がサポートしています。1kWあたり4.8万円の補助金が支払われるので、大きな負担軽減となっています。さらに都道府県や市町村区でも補助金制度を設ける自治体が増加しています。お住まいの地域によっては、国、都道府県、市区町村と3ヶ所から補助金の支給を受けることができます。ぜひ一度、、お住まいの自治体のホームページ等にてお調べしてみてください。

    国の補助金制度

    以下の3点を満たす方が、補助金の支給対象となります。

    1. 住居として使用(店舗、事務所等との兼用は可)する建物に、
      太陽光発電システムを新たに設置する個人または法人(個人事業主を含む)
    2. 太陽光発電システムの購入者
    3. 電灯契約をしている契約者本人

    ※補助金に関する詳しい情報につきましては、各自治体の窓口にご確認もしくは当社までお問い合わせ願います。

    ※掲載している各都道府県、市町村の支援策情報につきましては、情報収集時のものですので、すでに終了している場合もございます。あらかじめご了承ください。

    ※お申込に関する詳しい情報は下記ウェブサイトをご確認ください。
    太陽光発電普及拡大センター(J-PEC) http://www.j-pec.or.jp/

    このページの先頭へ

  • 上手な選び方

    上手な選び方?

    太陽光発電システムを上手に選ぶための選び方があります。
    長く使うものだからこそ、しっかりと見極めて選んでください。

    上手な6つの選び方

    このページの先頭へ

boxbottom