boxtop
太陽光インタビュー

ちょうど実際の施工があり、施主様の許可もいただけたということで!
太陽光発電の施工導入の現場を密着取材!!
太陽光発電のプロとしてお客様と未来のために太陽光の達人たちの現場に突撃してきました!

取材にご協力して頂いたK様のインタビューはこちら
太陽スマイル(福岡県糟屋郡宇美町K様邸)

──太陽光発電というとまず何から始めればばいいんですか?

田上

まずはじめに住宅の屋根を調査します。太陽光発電は屋根に設置するものなので、その屋根を調べないことには何も始まりません。
最近、注目を浴びている太陽光発電ですが、実際には導入までにいくつかクリアしないといけないことがあります。

──まず最初にクリアしないといけないことはなんですか?

太陽光インタビュー風景田上

まずは屋根の調査からわかったデータを元にご提案をします。
具体的には、屋根にどれくらいの太陽光パネルを乗せれるか。そしてそのパネルの種類、枚数から予想発電量を計算します。ただし太陽光発電システム自体が自然のエネルギーを使ったシステムなので、必ずしも予想通りの結果が出るわけではありません。その点も踏まえた上で、費用面と性能面などお客様のニーズに応じて何通りも提案をしています。
最近は「価格が安い!」や「売電で収入を増やしませんか?」などのような必ず収入が増えるというようなことばかりを言ってくる営業が多いそうです。注目されているシステムだけに手当たり次第に受注を取ろうと様々な業者がいる中で、お客様にとって一番良いご提案をしたいと思っています。

──太陽光発電の提案の際に何かこだわりはありますか?

田上

家電と違い、価格も大きなものになりますから、価格と性能はもちろん、導入後のことやご家庭の将来像をしっかり考えた上で、すべて納得していただけるようなご提案を心がけています。
特に当社はすべての太陽光発電メーカーを取り扱えますので、それぞれの設置後の予想プランなど、様々な角度から比べていただければ嬉しいです。あとは、シュミレーションひとつにしても、下手な計算式のシュミレーターは使いません。そういったシュミレーションは後々にお客様の期待を裏切りトラブルの原因にもなるので、必ず各メーカーが出しているシュミレーターを使うようにしています。
ときにはお客様にとってメリットのない場合もありますが、お客様に正直になることで深いお付き合いをさせてもらえることが一番の喜びですね。

──そしてあとは今日のような施工を行うということですね!

太陽光インタビュー風景田上

そうなりますね。
実際の施工は安全第一です。お客様はもちろん、施工する職人の安全まですべてにおいて気を使います。
施工作業は高い屋根の上で行います。万が一、人やモノが落下すれば大変危険です。職人もそのあたりの意識は常に心がけて作業を行なっています。

──住宅の屋根といっても結構、高いですよね(笑)

太陽光インタビュー風景田上

そうですね。
2階建ての屋根と言っても、落ちたら痛いだけじゃすまないですね(笑)
実際、他の施工会社さんでは屋根から落ちて骨折して重症なんて話も聞いたことがあります。あとは下にいる人間も危ないので施工の日は本当に気を張り巡らせています。

──実際によくない施工とはどういったものなんですか?

太陽光インタビュー風景田上

細かく例を上げればキリがないですが、
代表的なものを挙げると、設置した後に雨漏りしたり、発電量を増やしたいだけで無理やり太陽光パネルを多く載せたり、あとパネルが故障した場合に、太陽光パネルの取り付け方がメーカーの掲示している施工方法でないと、メーカーの保証が受けれなかったりすることですね。
やはり住宅設備ですので、ひとつひとつの施工のミスが住宅全体に欠陥として広がっていきます。太陽光発電システムも5年、10年と長く使っていくものですが、実際に生活する住宅はさらにもっと長い年月をそこで暮らすことになります。特に雨漏りなどは設置してすぐには症状として表れにくいです。数年たって、少しづつ雨に漏ってくるケースがほとんどです。そしてそのときになったらまた修理費用がかかるということもあります。

──そういった施工の見分け方はあるんですか?

田上

残念ながら、ありません。
一般の方からすれば、雨漏りにしても、メーカーの保証にしても、施工中や設置してすぐにはわかりません。
実際にそうなったときにしか気づかないものです。職人や自分などは、大体わかるんですけどね。
それでも遠目に見ただけではわからないこともあります。
架台(パネルを支える部分)の部分などは屋根裏などに回ってみてみないとわからないことも多いです。
もし今現在、太陽光発電の設置をお考えの方で、ご不安なことがありましたらとりあえず契約される前に聞いてもらえた方がいいですね。パネル設置してからではまた再設置するのにも費用がかかってしまうので。

──実際に施工についてこだわりなどありますか?

太陽光インタビュー風景田上

ずっと言っていますが、住宅設備の取り付けが悪いと住む家がどんどん悪くなります。業績や効率だけを求めて、ご提案や設置作業のひとつひとつがおろそかにならないように、当たり前のことを当たり前にすることですね。
長くお客様と付き合いたいと思えば思うほど、その場しのぎの仕事はできませんから。

──メイショーシステムの夢とはなんですか?

太陽光インタビュー風景田上

やっぱり、地域に密着したなんでも相談できるお店といったところですね。
太陽光発電はひとつの商材でしかないですが、住宅についてもいつでもフルサポートできるようになっています。おうちのことで何かあれば、電球一つから太陽光発電まで、安心して何でもご相談いただける、そんなメイショーシステムが理想です。お客様と地域と共に一緒に歩んでいける。そんな昔ながらの電気屋さんのようなイメージですね。
ですから、ひとつひとつのご相談やご依頼もすべてに対して手抜きをしない。
「とにかくメイショーシステムに相談してみよう」
というように思っていただければ本当に嬉しいですね。
商売というよりも、人のつながりを一番に考えたいと思っています。

──あっというまに夕方ですが、ついに完成しましたね!

太陽光インタビュー風景田上

太陽光発電はここからが本番です。
施工までのステップを見て少しメンドクサイと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実際にここから運用していただけると本当に自然のエネルギーの凄さを実感してもらえると思います。これから増えてくる太陽光発電システムですが、本当に暮らしが豊かになると思います。K様のご家庭でもしっかりとサポートしていきたいと思っています。

ということで、現場に突撃していろいろとお話をお伺いさせて頂きました。
やはりその中で、田上社長の理念やメイショーシステムの理想など、普段言葉では表さないたくさんの想いを教えていただけた気がします。
大量生産、大量消費にエネルギーも含まれる現代で、いち早く自然エネルギーである太陽光発電を取り入れ、さらに大型量販店が増加しているときだからこそ、お客様ひとりひとり、ご相談ひとつひとつを大切にして地域に溶けこむような、そんな人と街を豊かにするメイショーシステムの姿が思い浮かびました。
皆さんも量販店に行って「絶対に値切るぞ!!」みたいな戦いにいくスタンスではなく、信頼できる誰かに相談するようなそんなスタンスで、一度ご相談してみるのもいいかもしれません。

boxbottom