smile07-02

今回は、福岡県筑紫野市にお住まいのM様のお宅にお邪魔しました!
独自の調査でなんでも自分で調べてしまうというM様は太陽光発電の導入でも驚く程の情報を調べられたそうです。

屋根や住宅の構造とのバランスが大事

太陽光発電を導入して良かった点は、なんといっても昼間の電気を発電してくれる所です。

夜間はさすがに無理ですが、最初にも言った通り、自足できる事が最大のメリットです。

それでも、建物の構造上、予想していたよりもパネルが乗らず、当初に期待していた発電の効果が、得られていないのが不満点ですね。田上社長の予測データの通りには発電してくれているのですが、後発の性能のいいパネルなどを見てしまうと「もっと発電できたのかな??」と思う所があるのも正直な感想です。

まだまだあきらめていないので、今後発電した電気を貯めれるシステムや、小型でも性能のいい発電システムが出れば、また導入を考えてみようと思います。


smile07-01

福岡県筑紫野市 M様邸

システムデータ
メーカー: SANYOパネル枚数: 24枚
発電量(全体): 4.92kw/h屋根: 寄棟屋根
発電データ
2011年6月
買電額: 10035円買電量: 661kw
売電額: 7980円売電量: 190lw
2011年7月
買電額: 11139円買電量: 704kw
売電額: 8064円売電量: 192kw
2011年8月
買電額: 10940円買電量: 673kw
売電額: 9744円売電量: 232kw