mei181

学校の先生をされている熊本市にお住まいのN様。
「家族がずっと住める家を」と思い建てられた家に太陽光発電を導入されたきっかけやその思いなど、
N様ご主人のお話しをお伺いさせて頂きました。

モノゴトの仕組みが好き

もともと機会などに興味があって、太陽光発電が色々と取り上げられるようになってからも、同僚の理科や化学の先生に原理を聞いたりしていました(笑)

やっぱり大きなキッカケは息子などの家族の世代でも、必ず使えると思ったからですね。あとはやはり、経済的な面です。実際に発電することで、月々の電気代が節約できたり、売電によって収入が得られたりという部分ですね。

もちろん僕が言い出して費用も自分で出したので、売電で売れた金額は僕の口座に振り込んでもらってます(笑)
まぁ、こないだなんかは妻と初の海外旅行にいけましたし、エコの面からみても、経済的な面から見ても大変よいものだと思っています。

ただ、ウチは屋根が少し複雑な屋根だったので、太陽光発電を導入する時に思うようにいかないところもありました。でも、メイショーシステムのいろんな提案があったので、納得して今のシステムになりました。

ささいな相談ができる安心

もともとメイショーシステムでの導入を決めたのは田上社長のお父さんとお知り合いだったことがキッカケです。

昔からの付き合いというのも大きな理由です。
やはり今までの付き合いの中で、信頼関係がないとなかなかずっと同じところでお願いしようということはありませんから。

やはり”どんなささいなことでも気軽に相談できる”ということは使う側からすれば、これほど安心なことはありません。ましてや、太陽光発電は5年、10年と長く使っていくものですから、付けて終わりの業者さんだと困ります。

そういった意味でも、メイショーシステムは私達のような顧客と一緒に歩んでくれる業者だと思っています。

ずっと残していけるもの “自然のエネルギー”

実際にこの家も家族がずっと住めるようにと建てたこともあり、ずっと残していけるものをと思っています。

太陽光発電を導入してからは無駄な電気となくすという意味で節電の意識がびっくりするほど高くなりました。モニターで発電量と使用量を表示してくれるので、孫なんかはおもしろがって、毎日モニターをチェックしています。今の時代、電気は当たり前にあるという感覚の中で、大変いいことだと思っています。

そういった意識や感覚など、子供たちに残していけるものは、太陽光発電そのものだけじゃなくいところも魅力です。

太陽光発電をつけてよかったと思っています。

今現在、ご興味があるご家庭などがあれば、この機会に一度、太陽光発電のある暮らしを真剣に考えてみることをオススメします。。


DSC_4895

熊本県熊本市N様邸

システムデータ
メーカー: TOSHIBAパネル枚数: 22枚
発電量(全体): 4.62kw/h屋根: 寄棟屋根
発電データ
2011年6月
買電額: 5,874円買電量: 392kw/h
売電額: 18,624円売電量: 388kw/h
2011年7月
買電額: 5,329円買電量: 345kw/h
売電額: 15,888円売電量: 331kw/h
-年-月
買電額: -円買電量: -kw
売電額: -円売電量: -kw