mei184

太陽光発電を導入するつもりで住宅を建てられた、福岡県糟屋郡宇美町にお住まいのK様。
ちょうど工事の当日にお話をお伺いさせていただくことができました。
ご実家で太陽光発電を導入されていて、ご家族の声をよく聞かれていたK様ご主人。
その中で導入の決め手やポイントなどお教えしていただきました。

太陽光発電の魅力

もともと自分の実家で太陽光発電を導入していて、どういったものかもよく知っていましたし、親からも大変オススメされていたので、太陽光発電を導入すること自体は家を建てるときから決めていました。

やっぱり太陽光発電の一番の魅力は”電気を発電できる”ことです。

当たり前のことですが、発電することで普段の生活で使う電気をまかなえますし、何よりも余った電機を売電することで今までにない収益を得ることができます。と、太陽光発電を導入して得られる経済効果が一番の魅力だと話すK様ご主人。

もちろん、エコなどの面においても、自然エネルギーを使うのでとてもよいと思います。

家を建てるときも太陽光発電を導入することを前提に建てたので、屋根の形や方角なども、太陽光発電に適した設計にしました。

決め手は”比較”と”わかりやすさ” ポイントは”価格”よりも”性能”

最初は大手メーカーの営業の方がプランを提案されて「価格には自信がありますので、相見積もりも取ってみてください」と言われたので、実際に見積もりをお願いしたのがメイショーサービスさんとの出会いのキッカケでした。

メーカーからだと、どうしても自社メーカーしか選べないのですが、メイショーサービスはすべてのメーカーの太陽光パネルを取り扱っていたので、いろいろなメーカーで比較できました。

その上で「価格も大事ですが、性能を上げて発電量を増やしたほうが、最終的によい結果がでます!」と性能を重視することで上がる価格のことや、売電をする上での償却の流れなどを丁寧に説明して頂いたので、本当にわかりやすく、色々な比較検討ができました。

最終的には発電量を上げて性能を重視することで導入を決めました。なのでこれからの発電が本当に楽しみです。

導入するなら”イニシャルコスト”を惜しまないでほしい

やはり太陽光発電を導入するなら、多く発電することが一番大事なポイントだと思います。

もちろん性能がよくなればよくなるほど、価格も高くなるとは思います。でも、そこで金額を重視しすぎてしまうと結局うまく活用することができないように思います。

住宅が太陽光発電に適しているかどうかもありますし、金額も費用対効果として考えることは大事だと思います。

でもせっかく導入されるなら、できる限り発電量が大きいプランで導入されることをオススメします。
そして価格も高い分、信頼できる業者様と心底検討を重ねるのも重要なポイントだと思います。


DSC_5207

福岡県糟屋郡宇美町K様邸

システムデータ
メーカー: MITSUBISHIパネル枚数: 25枚
発電量(全体): 5.0kw/h屋根: 切妻屋根
発電データ
-年-月
買電額: -円買電量: -kw
売電額: -円売電量: -kw
-年-月
買電額: -円買電量: -kw
売電額: -円売電量: -kw
-年-月
買電額: -円買電量: -kw
売電額: -円売電量: -kw